合宿免許という選択

18歳になると、車の免許が取得できるということは皆さんご存知でしょう。実際に車を運転する機会というのはそれほどなくても、身分証明書代わりに取っておくという人もいますし、いざという時に必要になるからという理由で取る人が多いでしょう。車の免許の取り方ですが、運転免許を取得するためには、公安委員会が行っている運転免許試験を受験して合格しなければいけません。試験内容は、適性試験と学科試験と技能試験の三種類があり、このすべてに合格するにはやはり独学では難しいため、教習所などで講義や実地訓練を学ぶ必要があります。

その場合の教習所通いには二通りの選択がありますが、ひとつは近隣などの自動車教習所に通いながら学ぶ方法、もうひとつは合宿免許といって、自動車学校の指定した宿泊施設に泊まりながら学ぶという方法です。両者の違いについてですが、よくいわれるのは、合宿免許は短期間で免許が取れるうえに、かかる費用も安いということです。

宿泊費用が必要になりそうなのに、なぜ安く済ませることができるのでしょうか。また、見知らぬ他人と一緒に宿泊し、ある期間を一緒に過ごすということに不安を感じる人もいるようです。合宿中の食事や、一日のスケジュールなど、気になる点、分からない点は多いと思いますので、少し詳しいことを調べてみましょう。もうじき免許を取る年齢になるという人は、仲良しの友達や、保護者の方と相談しながら検討してみるとよいかも知れません。